母の自由時間 1

四十路突入という事で、今までの生活を見直したいと思っております。

 

若い頃は共通の趣味があるだけで、初対面の人とでも一晩中話せたのに、

今はもう自分の趣味どころか、人に対してもそこまで興味が持てない。

心身ともに劣化中。

 

結婚で地元を離れどこかのコミュニティに属す前に子を授かり、

ママ友どころか顔見知りの人すら皆無で完全に世間とは孤立。

今思えば、妊娠中が1番孤独だったかも。

 

仕事の時間が不規則な夫ともほとんど顔を合わす事もなく、

赤ちゃんと2人っきりの暮らし。

いま風に言えば、ワンオペ育児。

 

とにかく常に睡眠不足。

子育て中は子が1歳半になるくらいまでの記憶がほとんどない。

時間軸はすべて赤ちゃん中心。

自分の食事の量も時間も献立もめちゃくちゃ。

納豆ご飯ばっかり食べてたと思う。

 

毎日固定ローテの服を着て、荷物を入れっぱなしのマザーズバッグをぶら下げていた。

鏡にうつる老いさらばえて、カスカスの自分の姿にゲンナリし、

ついつい鏡を遠ざけ、事態は悪化の一途。

 

孤独を感じる余裕もないくらい、毎日が忙しくて眠かった。

もはや赤ちゃんは生きる上での同志。

 

そういえば当時、オリンピックが始まった事も、

梅雨入りした事も知らなくて夫に驚かれた事があったな。

 

孤独というよりは鎖国。

しかしこの鎖国も、子の成長とともに、

公園や児童館などに出かける事が増え、緩和されていくのでした。

 

 

 

 

つづく

 

 

 

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

 

ショップはこちらからどうぞ!

 

 

暮らしの雑貨

OnlineStore manage

http://manege-store.com/

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:育児

コメント